英語 リスニング 仕事 有利

仕事で英語が使えると有利なこと!仕事の幅が広がる!

 

英語をつかう領域が広がりつつあります。

 

英語を使用すると考えると貿易事務などを想定します。

 

確かに取引の際の電話でのやり取りがあり、リスニングが問われます。

 

ここで聞き違いがあれば大変な問題も生じます。

 

しかしそれ以外にもニーズは高まる一方です。

 

というのも日本はいま観光立国をめざして外国人観光客の呼び込みが盛んで、折しも円安が進む状況では、外国人観光客は増加傾向にあります。

 

外国人観光客が英語圏ばかりではないですが、スペイン語圏でも簡単な英会話は出来る場合があり、香港からきた中国人には英語は通じます。

 

このことから考えると観光に付随する業態はすべて英会話がスキルがもとめらるので、領域は広く、英会話ができるとそれをつかって仕事するのに有利といえるでしょう。

 

たとえば、飲食店で外国人観光客のオーダーを聞くのに正確なリスニングができれば、スムーズにコミュニケーションがとれるので断然仕事場では重宝されます。

 

これは小売業でも言えます。

 

この外国人観光客増加の情勢はまだまだつづくように思われるので、好条件での雇用を確保するという有利な就職を勧めるためにも英語のスキルアップは欠かせないもので特に英会話に必要なリスニング力は高いほうがいいです。